日経平均株価をテクニカル分析しています、仕事で培ったQC手法を使いテクニカル分析をルーチン化,オリジナル手法を駆使しトレードしています,日々の創意工夫で生き残りを目指します。


Yahoo!ブックマークに登録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経平均株価ファンダメンタルズを切る

休日は市場がお休みなのでw

では

昨年の、サブプライム問題が表面化する夏以前は、過剰流動性の相場、インフレで株価も年末には20000万台を回復しそうな勢いでした。
今ではそんなの十年後の話?って感じですか

スタグフレーションに向かってまっしぐらの日本
その対策には市場の活性化が一番であると考えます

市場の競争力強化や活性化には、魅力ある市場、信頼される市場であることが大前提

企業、証券取引所、行政、司法など関係者の現状認識、対策が欠かせない、ところが現実には、逆行する動きが目立っている

官僚つまり行政の実務担当者は仕事の効率を優先させます。
優秀なんです、国立大学のトップの成績ですからね
合理的であり処理能力はすごい人たちです
日本国民がどうなるかより面倒な仕事を嫌がるし揉め事は真っ平御免
そう、考え方も合理的で利己的なんですね、いえいえ、決して避難してるわけではありません、とても優秀な方々です

行政機関という組織ですからね、既得権益は守るし、保身を優先させますよそりゃねw
誰だってそうでしょう、自分が会社辞めて見も知らない人に今の地位あげたりしないでしょうw、生活ができなくなる

予算は自分たちの懐に入れないといけないのでなるべく使いたくはない
そういうことです

ま期待はできないです


かつて時価総額で30%を超える世界シェアを誇り、ニューヨークに次ぐ世界第2位に位置した東京株式市場。今ではそのシェアも8%にまで低下。
外国企業の上場銘柄数も減少、かつての成長力は見る影もなく、世界のローカルマーケットに転落ですね



結論

日本市場はこのまま何も対策が取られずどんどん海外の資本が逃げ出し
日本市場は取り残され日本の優良企業は海外に流失

日経平均株価は一万を切ってしまうのも時間の問題ではないでしょうか


明日、チャートでこの事を背景にテクニカル分析してみます

さてそれでは商品先物、特に金、原油などまだまだ上げそうですが
中国経済の減速が見えはじめたのでう~ん

歴史は繰り返すですな

弾けたらそれこそ暴落の嵐ですね今日本の個人投資家が鎧橋を渡っています、とても狭い橋なのでくれぐれも川に落ちないように注意して下さいね。


注:鎧橋を渡る
投機資金が株式市場から商品市場に移ることを揶揄して書いています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaitamefx5.blog116.fc2.com/tb.php/60-b3453e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。