日経平均株価をテクニカル分析しています、仕事で培ったQC手法を使いテクニカル分析をルーチン化,オリジナル手法を駆使しトレードしています,日々の創意工夫で生き残りを目指します。


Yahoo!ブックマークに登録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経平均株価225テクニカル分析 2/27

>東京株式市場は反発。日経平均株価は前日比206円58銭(1.49%)高の1万4031円30銭で、1月11日以来、約1ヶ月半ぶりに1万4000円の大台を回復

14000を上抜けですが


>東証1部出来高は20億8287万株、売買代金も2兆2973億円に止まるなど、今年に入ってからは最低水準の薄商いとなった。

株離れですかね~
利食いが出そうな雰囲気です

個別株の情報は→にほんブログ村で

日経平均株価225 テクニカル分析

スポンサーサイト
26日の日経平均株価は一時、前日終値比139円28銭高の1万4053円85銭と取引時間中としては約1カ月半ぶりに1万4000円台を回復。

しかし、その後は利益確定の売りが広がり、終値は同89円85銭安の1万3824円72銭だった

 取引開始直後は、米金融保証保険(モノライン)最大手が最高格付けを維持したことを好感し、保険、証券株などが買われた。だが中国・上海株が下落したことなどから、午後に入ると値下がりに転じた。

昨日、今日で値幅もあったので利食いが出て陰線になるのは今の地合では想定通りですね

14000の節を陰線でも抜けてきたのは意外と強い感じがします
トレンドラインも角度が上向きになってますし
このまんまゆっくりあげてくれるといいのですが

個別株の情報は→にほんブログ村で



日経平均株価 日足



個別株の情報は→にほんブログ村で

小倉優子ナンピン買いで成功?…株と為替始めた
ゆうこりん相場師の世界へようこそw

日経平均株価は前日比414円高の終値1万3914円で取り引きを終えた。業種別では保険業や鉱業やその他金融業など33業種中33業種が上昇。  

直近高値 13889を上抜けしましたが14000の厚い壁が待っています
このままゆっくり押し目を形成しながら上昇してただきたいですね
私の希望です〔爆〕
大阪証券取引所と米インターナショナル・セキュリティーズ取引所(ISE)は、個別株オプション取引の新市場を日本国内で開設することで基本合意した。25日にも正式調印する。

デリバティブ(金融派生商品)が多くなる事は日本の金融市場にとって歓迎すべき状況である
日本もゆとり教育ではなく、資源がないのだから金融にもっと力を入れるべきで

もともとヘッジに関しては日本の米相場〔堂島〕の方が歴史があり日本人の血には
そういった才能があるのです

あらゆる投資に関してはヘッジが出来るようにデリバティブ(金融派生商品)を増やす必要はある、がしかし、過剰流動性が引き起こしたサブプライム問題も起きた、複雑な金融商品が出回り上手く回ってっている時はいいが左回りになると一斉に崩れてしまう脆さを露呈した。

金利で市場をコントロールできると思っている輩がいる限りこの問題は繰り返される
デリバティブ(金融派生商品)が悪いのではなくマネタリストたちの無知、怠慢さから来るのである

個人投資家はショートやオプショントレードをしっかり学ぶべきです

テクニカルもろくに学ばず、ファンダメンタルズ〔仕組み〕を読まず相場に向かうのは
台風の中ゴムボートで釣りに行くようなものですぐに風に飛ばされ海に飲み込まれるでしょう
決して魚は釣れないのです

魚を釣るには天候、潮の流れを読みポイントを決め道具もしっかり準備して初めて大物が
釣れるということは至極当たり前のことなのです



日経平均株価テクニカル分析2/22日足

スローストキャスを見ると振幅が狭くなっています、もうすぐトレンドが出そうです

金曜ですから,利食いで押さえられます、現状のように下降トレンドで自律反発の時には
多いのでパターン的を覚えておくのは良いと思います
似たような事は何回も起きますから。

今週は短期移動平均線がもみ合ってのレンジなので
手が合わないと損切りが多くなりそうな
相場ですので見ているだけですね

同じレンジ相場なら為替の方がやりやすいでしょうね参照<外為FXテクニカル分析


先々週から書いてるように下値が切りあがってますが上値は重い展開
しかし、週末のNYマーケットの株価が堅調でしたので今週は週足も値幅のある
陽線が出そうに思います、ほとんど希望〔爆〕

日経平均株価 2/22 日足



個別株の情報は→にほんブログ村で

日経平均株価テクニカル分析 2/20

昨日テクニカル分析したように下げましたね
スローストキャスもDCしていますね

線を引いていますがこんな感じで収斂していきそうですね

下げた理由は→にほんブログ村で


日経平均株価テクニカル分析 日足
[日経平均株価テクニカル分析2/20]の続きを読む
日経平均225テクニカル分析 2/19

直近高値、13889を意識した動きです明日アメリカ次第ではブレイクする可能性がありますが
テクニカル的には、スローストキャスがDC間近ですし一旦下げそうに見えます

確かに短期移動平均線はGCしてますが今はレンジ相場
ドル円も日中は円高に押してましたからね

とにかくアメリカの株式市場次第です、もうすぐOPします詳しい情報はここから→→にほんブログ村7位


本日の日経平均株価は行って来いでしたねw

18日の東京株式市場は反発。日経平均株価は12円84銭(0.09%)高の1万3635円40銭で取引を終えた。



「先週末の米国株の下落にも関わらず日本株が下げ止まる動きを示したことは、市場関係者の間からも市況改善の手掛かりと評価する声なども聞かれた

ただし、東証1部出来高は21億6535万株、売買代金は2兆4142億円と低調な商いに終わった」

売買出来高は低調ですね、明日に期待
買い残が整理されてかる~く上げてるのですがね
日経平均株価萎んじゃいました
上値は重いですが何回もトライしゆっくり上げてもらいと思っています


02月18日(月)東京株式市場情報
◎日経平均株価
大引 13635.40 (12.84)
始値 13627.31
高値 13822.45
安値 13627.31

陰線の上髭ですが線組みから見ても上げそうな足ですね
金曜より-20円なら踏ん張ってるって感じで2/14の陽線に食い込んでいませんから
日経平均株価テクニカル分析

先週の日経平均225はギャップアップで始まってトレンドが出ると一方方向に動くボラの高いデイトレ向きって感じでしたね
私は昼間工場で働いてるので見ることができないのですが日経225先物は短期トレードがいいと思っています

さて日経平均日足ですが、スローストキャスですが
レンジ入りを示唆しているのがわかるでしょうか、クロスが早くなっています浅いです

下値を切り上げてるのでしばらくはレンジ相場で自律反発の局面です上値は重い事が予想されます。
かなり信用買い残が減り軽くなってますが売買高は少なく月曜日も閑散とするのではないかと見ています



長期では円高、株価は下げ、チャートの長期移動平均線から判断できます
又、先般書いたようにファンダメンタルによる裏付けもありますので
戻りは売りが有利な局面ではあります

短期では日本企業の業績は悪くないのでゆっくり上げ下げしながら14000~15000台を目指すのではないかとも見ています現段階では希望ですが爆

思惑はトレンドに向かうですね


日経平均株価テクニカル分析日足






デイトレ、システムトレードならここに上手い人が→にほんブログ村7位
アメリカのニュースを切る前編


昨年12月、米クリスマス時期の小売り売り上げが11月を下回った

アメリカの通常の年の12月の小売り売り上げは年間の3割程度なのでいかに現在物
を買わないか(買えない状態か?)というのが今のアメリカの実態なんでしょう。

事実おもちゃのトイザラスの経営危機説が出ていうるようだし、メーシー百貨店は1月に2000人を解雇するそうである

町中が大バーゲンセールだが売れていないという話です。


昨日のニュースでGMが創業以来最大の赤字を出している、なんと4兆円,売り上げが
年間17兆円だから売り上げの4分の一の赤字、こんなことが続く
とGMも潰れる可能性が高くなり、関連部品メーカー、下請けは更に
厳しく追い込まれていくでしょう

それは銀行の金利はさほど下がらず、貸し渋りが始まるからです、後半にて詳細を。

GMは直にリストラ発表、その規模が今回は72000人のレイオフ
デトロイトは失業者の群れになる、その次は設備投資を控える、
機械メーカー、鉄鋼関連にも広がっていくのがイメージされます。


こんな感じで、毎週のようにアメリカの景気失速の実態が報道されています、このまま
行けば、急激で大規模な変化となり例年にはない異常な状態に陥ります

1990年ごろのS&Lの危機に似ているかな

サイクルが20年毎に起きるから、建設循環の末期に起きる不況ですかね


アメリカのクレジットカード会社がカードの資格停止をドンドン進めている。

限度額の引き下げやカードの資格停止を進めている、与信停止で益々消費が出来無い状態になっている。

日本の自動車、電気、精密など輸出メーカーの打撃は大きい

オリンパスなんかすでに半値、優良株がここから更に売られる局目に入る事が予想される。
アメリカのニュースを切る後編

サブプライムに限らず、アメリカはホームエクイティー(不動産担保融資)による
低金利の消費が一般的で、車とか大きな家具とか金額の張るものの消費はこれが中心で
お金が転がってゆく。

不動産価格が上がればどんどん新規の融資枠が広がるがそれが逆
に回転すると一気に冷え込んでしまう

不動産価格が都市部住宅平均で現在、前年比15%程度下落していると思われるので、ギリギリの枠で過剰融資した場合は追加担保が必要になるか、返済
を迫られるケースが多い、運悪く失業するととたんにお金に困る事になる。


アメリアの一般家庭は貯蓄率がとても低いので手の打ち用が無い。

価格が低下しても金融機関は新たな融資にはとても慎重だから買い手が出て来て
も審査がなかなか下りない。だからなかなか売れないから、投げ売りになりさら
に価格が大きく下がるという悪循環で市場全体が暴落している
どこかの国が通った道~

インドや中国の貿易黒字は世界最大規模だが、現在その黒字の4割をアメリカ輸出で稼いでる。

ドル安と景気の失速で購買力と購買量が一気に減少し、アメリカー中国、アジアの船舶輸送量が一気に11月から減少、船賃が下がったのはそのせいもあるでしょう

アメリカ経済の回復には時間がかかるから、中国、アジアの景気も当然大きな影響を受ける
アメリカ以上の市場はないからですね


サブプライムよりさらに深刻なのは、商業用不動産融資の状態、その規模は総額でサブプライムの約3倍

これで大規模商業施設やビジネスビル、カジノ、ホテルなんか作っている、景気が悪化すると
これが不良債権化する、全体が悪化するなかで、これだけが無傷ということは考えにくいからです。

リートの世界的な暴落は何を意味しているのか少し考えてみよう。

住友不動産は5ヶ月で半値(4000円が2000円)になっている、次は商社が同じことになるだろう。

今回は大手金融機関(銀行、証券、保険)が大損失を受けている当然、こうした株式,証券類が下落したことによって、保有証券の時価が昨年比で大きく毀損しているから、決算ごとに新たな損失が計上される可能性が高い。


証券の価格が下げ止まらないとその連鎖が長引くことになる。

これは日本も欧州も同じことである。処分出来るものはま投げればよいが、市場そのものが一夜にして吹き飛んだもの(COD)はどうしようもない。

金融不安が出ない程度に毎四半期ごとに小出しに損を出して行く以外ないから、いつまでも損が無くならず膨らんでいく。

昨年11月比で平均3~4倍に1倍に1月はなっている
今後も増加するだろう、まだ資本の増強が出来ているうちは良いが、アラブの王様も毎回は貸してはくれないだろう。

バフェットがモノラインに地方債の再保証のみをを提案したが、アムバック側は拒否
堅調なところだけ持っていかれてはね

結局,格付けが下がり、破綻という可能性が高まった、現時点ではあるが

市場はさらに大混乱しそうだが、税金投入はこの時点では否定

65ドルが半年で6ドルに暴落している、多分そのうち1ドルを見に行く事になりかねません。


住宅の差し押さえを30日延期するという救済策が政府と金融機関の合意
で出て来たが、先送りしただけで何の解決にもならない、凍死は防げる、人道的ではあるけど。

結局、続くに~
[アメリカのニュースを切る後編]の続きを読む
日経平均テクニカル分析2/13

本日は欧州、米国の株価が堅調だったので寄付きから高かったですね

日経平均株価は2営業日連続で上昇、一時、前日終値比218円30銭高の1万3240円26銭をつけるも

終値は同46円34銭高の1万3068円30銭と萎縮してしまいましたね
先物に売りが出たようですが、本気の買いではないのでしょうね
ポジション整理が終わってるので上げるときは軽いのですが
まだ逃げ足も早いのが時間足を見ると判りますね

TOPIX(東証株価指数)は3営業日連続で下落し、終値は同0.75ポイント安の1285.35。東証1部の出来高は20億8300万株

ボリュームも活況とは言えずですがそろそろ陽線が立ってもいいころです
まだ、戻りは売りの方が有利な局面ですが自律反発が出る気配がしますね

オシレーターもGC間近です

日経平均テクニカル分析

日経平均先物225 テクニカル分析


今日は凪でした、先週追証が終わったので少し軽くなったみたいですね
自律反発のパターンですけど無理に買い建て玉する必要はないでしょう
短期移動平均線は先週書いたとおりDCしていますしね

スローストキャスも完全に下げきっていませんからそう判断します。


今は簡単に書いていますが少しずつ内容のあるブログにしていきますので
末永くお願いいたします
いくつか考えてますので志向を
日経平均テクニカル分析週末編
 
日経平均先物225の週足です

判り易いように線を入れています先ずは黒いラインで三尊形成しています
オシレーターであるスローストキャスも上げきれずにDCしていってますね
又、長期移動平均線が水平になってきましたので長期トレンドも転換しそうなのが見て判ります


クリックすると大きくなります
日経平均株価先物225週足 テクニカル分析



1/23に12、130円まで下げてますがこれで一旦投げが終了、自律反発が出ました

しかし、買い手不足ですぐに萎んでいるのが判ります

買い残もかなり整理されたでしょうから、12、100円辺はサポートラインとして強く意識されるところでしょう。

気になる今後ですが


[日経平均株価テクニカル分析週末編]の続きを読む
日経平均株価ファンダメンタルズを切る

休日は市場がお休みなのでw

では

昨年の、サブプライム問題が表面化する夏以前は、過剰流動性の相場、インフレで株価も年末には20000万台を回復しそうな勢いでした。
今ではそんなの十年後の話?って感じですか

スタグフレーションに向かってまっしぐらの日本
その対策には市場の活性化が一番であると考えます

市場の競争力強化や活性化には、魅力ある市場、信頼される市場であることが大前提

企業、証券取引所、行政、司法など関係者の現状認識、対策が欠かせない、ところが現実には、逆行する動きが目立っている

官僚つまり行政の実務担当者は仕事の効率を優先させます。
優秀なんです、国立大学のトップの成績ですからね
合理的であり処理能力はすごい人たちです
日本国民がどうなるかより面倒な仕事を嫌がるし揉め事は真っ平御免
そう、考え方も合理的で利己的なんですね、いえいえ、決して避難してるわけではありません、とても優秀な方々です

行政機関という組織ですからね、既得権益は守るし、保身を優先させますよそりゃねw
誰だってそうでしょう、自分が会社辞めて見も知らない人に今の地位あげたりしないでしょうw、生活ができなくなる

予算は自分たちの懐に入れないといけないのでなるべく使いたくはない
そういうことです

ま期待はできないです


かつて時価総額で30%を超える世界シェアを誇り、ニューヨークに次ぐ世界第2位に位置した東京株式市場。今ではそのシェアも8%にまで低下。
外国企業の上場銘柄数も減少、かつての成長力は見る影もなく、世界のローカルマーケットに転落ですね



結論

日本市場はこのまま何も対策が取られずどんどん海外の資本が逃げ出し
日本市場は取り残され日本の優良企業は海外に流失

日経平均株価は一万を切ってしまうのも時間の問題ではないでしょうか


明日、チャートでこの事を背景にテクニカル分析してみます

[日経平均株価ファンダメンタルズ2月10日]の続きを読む
日経平均株価テクニカル分析
私が情報収集で使っているところです
チャートもこれを使用しています。

ドリームバイザー・ドット・コム

スローストキャステックがデットクロス
短期移動平均線もデットクロスしそうですね

明日は信用買い建て玉の追証ですからね下げるでしょうね
上げても知れてます,あいも変わらず戻りは売りで
明日の日経はどうなる?→にほんブログ村 株ブログ

日経平均株価
[日経平均株価テクニカル分析 2/7 ]の続きを読む
昨晩書いたように自律反発後の利食いが出たようです結果論ですがもちろん
ここから先ですがトレンドラインは下向きでスローストキャステックもだいぶ過熱感が出ています

今晩欧州株が売られていますのでアメリカのダウ平均、ナスダックも売られるのか注目です

このチャートから判断して1/3戻しの14000辺りが意識されるところですね

現時点では半値戻しの15000まで時間をかけて戻らないかとは見てるのですが

サブプライム問題が大きな重石になっているので投資家の株離れでしょうね
政府の対応が非常に悪いのでこんなことになってます

マクロ政策で減税をしてもらいたいです、内需拡大それしかないと考えれば誰でもわかることですね



<クリックすると大きくなります>
日経平均株価225 日足 テクニカル分析


個別株の事ならここを参考にしましょう!にほんブログ村 株ブログ
日経平均株価 225テクニカル分析

本日は良くあげましたね、だいぶ軽くなってますからねあげすぎたので
明日は利食いが出るでしょうね
ドル円の上値が重いです

週末に少し長い足でテクニカル分析を行って見ます結構重要なポイントですから見てくださいね、かなり参考になることでしょう。


日経平均株価225 テクニカル分析
日経平均株価2/1 テクニカル分析

不定期ですが日経平均先物225をテクニカル分析していきます相場の雑感や注目株の話も書きますね

ではチャートを見てください
日経平均株価 2/1 


ピンク、赤の長期移動平均線が下向きです、戻り売りですね

乖離も大きいので一旦自律反発が出ています下降ペナントを形成しそうです

短期移動平均線はゴールデンクロスしていますからね。

ポジション整理がだいぶ終わったのでこれからしばらくは下げても知れてるでしょう
しかし4月、5月には注意が必要でしょうね

更新のモチベーションアップになりますのでお気に入りに入れてもらえると助かります、宜しくお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブックマークに追加する



SEO対策:fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。